Donkey Carシミュレーターサーバ


Donkey Carとは

Donkey CarはGoogleが提供している機械学習のためのソフトウェアライブラリ「TensorFlowTM」(テンソルフロー)を小型のCPUボード(ラズベリーパイ)に搭載し、ラジコンカーにカメラを搭載して作られた自動運転車のプラットフォームだ。


Donkey Car 模擬サーバとは

Donkey Car 模擬サーバは、Linuxサーバで構築した自動運転シミュレーター(Simulator)サーバです。

3密を避けるつづ、自動運転車を体験するため、Donkey Car 模擬サーバを立ち上げました。

シミュレータを利用して、擬似自動車の運転、操縦データの収集、深度学習により運転モデル生成、その運転モデルにより自動運転が可能になります。

シミュレータに接続して、直接レース対戦することができます。


レース利用方法

レースはZoomを利用して不定期に挙行するので、FacebookのグループDITU-DonkeyCarから連絡しますので、ぜひグループに参加してください。

レース参加に必要なもの

パソコンまたは、スマホののブラウザーあればDonkey Car のコントロールできます

ジョイスティックあれば、より簡単に操縦できます。


操縦画面

一度四台Donkey Carレースするので、Zoomで参加者の振り分けをします。

次の4個から割り当てた車のリンクをクリックして、ブラウザからDonkey Car の運転を楽しみしてください。

Racer1 Racer2 Racer3 Racer4


練習時間

Zoomで連絡を連絡を取り合って、譲り合いして練習を楽しんでください。

レースの申し込み

Zoomでレースシートを共有するので、申し込みください。

レース時間

レース順番は決まったらレースシートに掲載するので、みなさんZoomに参加して、レースを楽しんでください。

左上のボードに、Best時間は成績になります。